トークリップ&ストラップ

どのようにストラップを締付けるのでしょうか?とのメールの問い合わせが多くなりました。
ペタルのモデルによって形状は異なりますが基本的には写真のように取り付け、ストラップ先端を引き上げストラップを締め付けます。
Image©MKS
また、トークリップが取り付けられるモデルはどれですか?とのご質問には前部プレートにトークリップがつけられる穴があいてますか。という回答になります。(わかりにくいかもしれませんが各ペタル会社によってデザインが異なりますので).

MKS製品については、次の通りです。
EXA, RX-1, CUSTOM NUEVO, ROYAL NUEVO, RX-M, MT-Lite, MT-E, MT-Lux Compe, MT-FT, G-6000, TOURING-Lite, TOURING Lite short, AR-2, PROMENADE, SYLVAN ROAD,
SYLVAN TRACK, SYLVAN LITE, GR-9, CT-LITE, SYLVAN TOURING

なお、MT-FT とG-6000については装着されている前部のリフレクターを取り外してからトークリップを取り付けてください。 この場合, 後でそのリフレクターは使用することはできません。
また、上記記載以外の製品でも取り付け可能なペタルもございますのでお尋ねください。(上記
記載製品は現在生産中のものです。)

※追記 トークリップとペダルの互換につきましては、HP内 製品一覧表 をご参照下さい。

< 前の記事
ペタルスパナ